×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気になるニュース! 4 月 18 日


@中国の鳥インフルの拡大は今後どうなるか?


@中国の鳥インフルの拡大は今後どうなるか?
中国での鳥インフルエンザ「H7N9型」は初めて人への感染が確認されたが、14日までの感染者は60人に上り、このうち13人が死亡しています。
ヒトへの感染は、これまで上海市とその周辺地域に集中していましたが、北京や内陸部の河南省で感染者が確認されたことから、さらなる拡大が懸念されます。
鳥インフル in 中国

2013/4/18現在  

感染者 内死亡者
河南省 3 0
北京市  2 0
上海市  32 11
浙江省  23 2
江蘇省  25 1
安徽省 3 1
88 17
現在88人のうち6人が回復しています。
   
鳥インフル感染また2人死亡、計13人に…中国
 【北京=竹内誠一郎】中国国営新華社通信によると、河南省衛生庁は14日、男性2人が鳥インフルエンザ(H7N9型)に感染したと発表した。
 河南省では初のケース。13日に7歳女児の感染が発表された北京市に続き、上海市周辺の中国東部から他地域へ感染が広がり始めている。
 上海市、浙江、江蘇省でも14日、男女計9人の感染が新たに確認された。また、上海市で入院中だった感染者の67歳女性と77歳男性が死亡し、中国での感染者は2市4省で60人、死者13人となった。
 新たな感染者2人のうち、河南省開封市の調理師男性(34)は4月6日に発症し、重体。周口市の農業男性(65)はニワトリなど鳥類に接触することが多く、8日に発症、容体は安定しているという。同省当局によると、2人と接触のあった計19人に今のところ健康異常はみられないという。
 一方、新華社通信によると、上海市が13日に感染確認を発表した56歳男性は、3日に死亡した52歳の妻も同型インフルエンザ感染が確認されており、初めて同じ家族間で感染したケースとなった。「人から人」の感染が疑われているが、国家衛生・計画出産委員会などは「判断するには材料がまだ足りない」との見解を示している。
(2013年4月14日20時03分 読売新聞)

http://www.cnn.co.jp/world/35030384.html
メニューに戻る